肌トラブルに気をつけよう!

ページの先頭へ
トップページ > 肌トラブル(若い人でいえば、ニキビや吹き出物

肌トラブル(若い人でいえば、ニキビや吹き出物

肌トラブル(若い人でいえば、ニキビや吹き出物、毛穴のつまりや黒ずみ、三十代になるとシミやシワ、たるみやくすみなどが気になりますね。
)、特にかゆみの原因は皮膚炎やアトピーであることも少なくありません。しかし、肌が乾燥しているということが原因になっていることも多く見受けられるのです。
特に日本の冬は乾燥しがちですから、テレビでも乾燥肌のかゆみ用クリームのCMをよく見ます。これらを使用すると、かゆみが治まることがよくありますが、すぐ治らなければ皮膚科を受診することを勧奨します。



実際、面皰は、ものすごく悩みます。
面皰が出始める時期とは、主に思春期の頃ですから、ものすごく気にしていた人も多かったのではないかと思います。にきびは予防も大切ですが、薬で治すことも出来ます。薬局へと行き、薬剤師に相談すると、自分に合う薬を教えてくれます。くすんだ肌が気になってき立ときには顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。
くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。

悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとする働きを邪魔すると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。



普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使い、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったものできめ細かい泡をたてて洗います。肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うとすごく効果が期待ができます。


女性によくみられる面皰の原因のひとつとして女性ホルモンの分泌の乱れが考えられます。

ホルモンの乱れは、ストレスが原因となってすぐに乱れがちと公言されています。生理前は特別女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。生理直前に面皰を気にされる女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥が気になって仕方なくなります。気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますのでまあまあ気をつかって丁寧に行っていますが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他にオイルも使うようになり、大変気に入っているんです。オイルもいろいろありますが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。

肌の潤いをキープしたまま、洗い流すことが、面皰に対抗するには欠かせません。

特に大人面皰のケースは、主要因が乾燥だとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎないことが重要になります。



牛乳石鹸ならそれができます。牛乳石鹸はミルクバター配合だから、乾燥知らずの肌のままに汚れを落とせるので、有効な面皰ケアなのです。基礎化粧品はお肌に直接おつけいただくものなので、その効果ももちろん重要なのですが、良い素材が使われているかにも拘りたいものです。

肌に不必要なダメージを与えないためにも、使われている成分や原材料をよく見て、化学合成入っていない製品、可能であればオーガニックな素材の商品を選びたいものです。

素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。肌はただ年齢によって老化するのではありません。紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。
しわの発生を抑えるためにサンスクリーン剤や紫外線ケアグッズなどで夏以外も紫外線対策をつづけることが必須です。

そして日光に長時間晒された場合はなるべく早く肌を冷やして保湿効果が高い美容液(ビタミンCやビタミンE、コラーゲンやヒアルロン酸などが高濃度で配合されていることが多いです)やクリームなどでたっぷりと潤いを与え、シミやシワの元をつくらないように心がけましょう。トータルでアンチエイジングの効果が得られると思います。大手のエステのコースの中には、シミやソバカスを薄くしたり、消すフェイシャルコースが見られます。

シミを隠せるという化粧品を使ってもどうやってもシミなどが目立ってしまい、なんとかカバーしようとカバーのしすぎで厚塗りになる経験がある方もいるでしょう。



フェイシャルコースを受けると、シミの悩みが改善されて、素顔でも自信を持って人前に出られるようになれるのです。ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はお肌のことを考えてちょうだい。
砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。
糖分が体内でタンパク質と結合すると、全身の老化を早める糖化物質が全身にたまってくるのです。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができて黄ぐすみが目立ってきたり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になってしまいます。
Copyright (c) 2014 肌トラブルに気をつけよう! All rights reserved.